ヒアロディープパッチの人気の秘密を調べてみました

ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチの人気の秘密

 

 

 

ヒアロディープパッチは目元や口元の気になる悩みに土台からケアしてくれるマイクロ二ドルの刺すヒアルロン酸です。

マイクロニードルを利用したパッチは資生堂やパナソニックなど大手のメーカーからも発売されてます。その中でヒアロディ―プパッチは4秒に1枚売れてるほど大人気でしょっちゅう在庫不足になります。

大手のマイクロパッチよりもヒアロディープパッチが人気になってるのはちゃんとした理由があります。

ヒアロディープパッチの人気の理由は他のマイクロニードルパッチにない5つのメリットがあるからです。

ヒアロディープパッチのメリット・デメリット

大手のメーカーのマイクロニードルパッチとの違いを確認するために、5つのメリットとデメリットをわかりやすくピックアップしてみました。

メリット1:大手よりも継続しやすい価格設定

通常価格は大手よりも格安で定期購入するとさらに割り引き価格になるので、継続利用しやすい。定期コースは3つのコースから自分の使い方で選べるのが便利。

メリット2:30日間の全額返金保証つき

初めて使う場合に心配なのが肌に合うか、効果はちゃんとあるかということ。ヒアロディープパッチのお試しコースには30日間の全額返金保証がついてるので購入後25日以内に申請すると返金してもらえるので損はないですね。

メリット3:ニードルに含まれてる成分が多い

1枚のシートにはおよそ750本のニードル(針)が並んでいます。その1本1本には約18種類の成分が含まれています。これは大手のメーカーのものよりもダントツに多いのが特徴。だから一つでいろんな悩みに対応してくれます。

メリット4:2種類の成長因子を配合

ニードル(針)には肌の土台を作り変える働きがある2種類の成長因子(グロースファクター)EGFとFGFが含まれています。

は肌の生まれ変わりのサイクルを促し、FGFはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を増やすサポートをしてくれますのでうるツヤ肌が目指せますね。

ヒアロディープパッチでケアの基本は寝る前に貼って朝はがすだけなので簡単です。寝ている間に勝手にケアしてくれるのでムダな時間を使わなくてすみます。
しかも様々な悩みに対応してくれるたくさんの美容成分が1回で奥まで導入できます。だから4秒に1枚売れるほどの人気なんですね。

 

デメリット:市販されていない

ヒアロディープパッチはドンキやドラッグストア・東急ハンズ・ロフトなど市販はありません。もともと通販限定のアイテムなので今すぐほしいと思っても近所で購入できないのがデメリットの一つ。

通販限定にすることで価格を安く抑えることができます。さらにユーザーの質問や疑問に直接アドバイスしてくれる専門のサポートセンターがあります。

ヒアロディープパッチ 他との違い

・リーズナブルな価格設定で継続しやすい
・3つのコースから自分に合う購入方法を選べる
・お試しコースは30日間の全額返金保証付き
・肌の土台を作り変える成長因子が含まれている
・ニードルに含まれてる成分が多くいろんな肌悩みをケア

ヒアロディープパッチにはヒアルロン酸以外に成長因子、プラセンタエキス、コラーゲンなどのエイジング成分が含まれてるので、ただふっくらさせるだけでなく年齢が高くなると増えてくる様々な悩みのケアが一つでできます。

初めての使う場合に肌に合うか、効果があるか実感するには全額返金保証があるお試しコースが安心です。

 

⇒ヒアロディープパッチの詳細を公式サイトでチェック!
 

ヒアロディープパッチの使い方

 

ヒアロディープパッチの使い方は一般的な刺すヒアルロン酸と同じです。使用前にメイクや汚れをクレンジングと洗顔で落してきれいな状態にしておきます。その後いつものスキンケアで保湿。

スキンケアがしっかりと乾いてからヒアロディ―プパッチを貼ります。

 

パッチを使うときの注意点

・フィルムをはがすときにニードルに触らないようこと
・貼るときに空気が入らないようにする
・目の下に貼るときは目の際ギリギリに貼らない
・貼る部分にオイル分が多いスキンケアは塗らない
・貼り間違っても貼り直しはタブー

パッチかた透明なフィルムをはがすときに中央部分に並んでるニードルに触らないように注意。ニードルはとても微小なので肉眼で見えにくいからです。

触ってしまうと折れたり形状が変化して皮膚に刺さりにくくなります。

シートと肌の間に空気が入ると途中ではがれやすくなるので貼るときに空気が入らない密着させましょう。一度貼った後に再度上から指で全体を押さえておきます。

パッチを目の下に貼るときに目の際ぎりぎりに貼ると、まばたきしに支障が起こったり違和感につながります。目の際からは2ミリくらい離して貼るのがポイント。

またパッチを貼る部分に油分の多いスキンケアを塗ってるとシートの密着度が低下します。途中ではがれやすくなる原因になるので油分の多い乳液やクリームを塗るのは避けましょう。

万が一、貼りかたを間違ってしまってもはがして貼り直すのはタブーです。一度貼ったニードルは変形してしまってるのでうまく刺さらないからです。

慎重に貼りましょう。

ヒアロディープパッチの美容成分

ヒアロディープパッチを貼ることで、どんな成分が注入できるのか調べてみました。

ヒアロディープパッチ成分
ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェノール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチン、コレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

以上の成分が1本のニードルに含まれてるわけです。クオリティの高い成分egfはヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、fgfはヒト遺伝子組換ポリペプチド-11と表記されています。

プラセンタエキスやコエンザイムq10(ユビキノン)、レチノール(ビタミンA)、トコフェノール(ビタミンE)なども含まれてるのがうれしいですね。

ヒアロディープパッチの成長因子とは

パッチには2種類の成長因子が含まれています。それがEGFとFGFです。

EGFはアメリカのスタンリー博士に発見されノーベル賞を受賞した有名な成長因子です。

発見された当初はたった1グラムで8000万円と高額だったので化粧品に利用されることはなく貴重なものでした。

最近は研究が進みやすく開発できるので化粧品に使われるようになりました。

EGFに期待できる働き
EGFは表皮の土台を元気にする働きをしてくれます。表皮が元気になると低下してた生まれ変わりのサイクルが促されたまった悩みの元が外へ排出され美肌に導かれます。

 

もうひとつの成長因子FGFはEGFと一緒に配合されるとそれぞれの働きがアップすると言われています。

FGFに期待できる働き
FGFは皮膚の奥のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが生成される部位を元気にする働きをしてくれることが期待できます。元気になるとコラーゲンなどの生成量がアップしハリのあるうるツヤ肌を目指せます。

 

ヒアロディープんパッチはヒアルロン酸だけでできたニードルよりも成長因子やプラセンタエキス、ビタミン類などたくさんの成分が含まれたクオリティの高いものです。

 

クオリティが高いのに価格がリーズナブルなのが人気の理由です。

ヒアロディープパッチのまとめ

クオリティの高いにニードルを1枚に750本並べたヒアロディープパッチはリーズナブルな価格設定でで大人気。

3つの割り引きパターンがある定期コースが用意されてますが、初めての購入なら30日間の全額返金保証がついてて1回で解約できるお試しコースがおススメです。

30日間の全額返金保証は肌に合わない時だけでなく、効果を実感できなかったときにも使えるので損はありません。

解約やお休み、変更などは電話でなくスマホやパソコンでマイページからポチっと24時間申請することができるのでイライラがありません。もちろん電話でも可能。

使い方や気になる点、疑問があれば常駐してるスキンケアアドバイザーがサポートしてくれるので安心です。

お試し定期コースは途中で割り引き率が高い年間コースへ移行することもできるなどメリットがいっぱい。

ヒアロディープパッチ

⇒リンクルスポットマスクのキャンペーンを公式サイトでチェック!
 

コメント